♪メルパラ最新記事リスト♪


≫メルパラ公式サイトはココ≪
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲
男性登録無料♪
登録すると100ポイント貰えちゃう

住宅ローン控除を受けたいと言う人も多いと思います。

いくらぐらい受けられるのかという控除金額については、住宅を購入して入居した年によって異なっています。

平成24年に長期優良住宅に入居した場合で見積もると、ローン控除額は一年で30万円~40万円となります。

10年間で、300万円~400万円までの控除を受けることができると言ったように、上限金額が決まっています。

平成25年入居の場合であれば、同じく長期優良住宅であった場合であっても、一年間のローン控除額は20~30万円となります。

10年間で、200万円~300万円までの控除を受けることができると言ったように、上限金額も変化します。

住宅ローン控除の期間は、ローン期間とは関係なく、一律に入居した年から10年間と決まっています。

最近は長期優良住宅の他にも控除はあります。

建設する際や、利用する間、壊すときなど、二酸化炭素排出量が少なくなるように作られた、低炭素住宅という住宅がありますが、こちらにも特別優遇措置があります。

低炭素住宅は省エネでもあるので、東日本大震災以降の電力不足に対する有効な手段として、建設が促進されています。

この低炭素住宅については、まだあまり知られていないようです。

低炭素住宅のような環境に優しい優良住宅が住宅ローン控除の対象とすされれば、その普及が進み、ひいては社会全体の省エネが進んでいくことになるでしょう。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »