♪メルパラ最新記事リスト♪


≫メルパラ公式サイトはココ≪
▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲
男性登録無料♪
登録すると100ポイント貰えちゃう

住宅ローンの控除を受けるには、いくつかの条件を満たしていないと受けることができません。

住宅ローンを組む前に、適用されるローンの条件について理解しておく必要があります。

住宅ローン減税による控除は、住宅ローンを利用して住宅を取得した時の負担軽減を目的とした制度です。

控除を受けられるための条件がいくつかありますが、これは平等になるように考えられたものです。

その条件にもいろいろありますが、まず所得が3,000万円以下であることが必要です。

年間収入が3,000万円を越える高い収入を持つ場合、ローンの控除は受けられません。

2つ目の条件として、取得した住居には6ヶ月以内に入居することがあります。

さらに、その住宅を取得した年の年末にあたる日まで、ずっと入居しているかどうかも調べられます。

住宅にちゃんと住んでいるかどうか、というわけです。

住宅ローン控除の条件には、住宅ローンの返済期間が最低でも10年以上でなければなりません。

10年未満のローン期間では、条件を満たす事ができないので、住宅ローン控除を受ける事ができなくなります。

住宅ローンを複数箇所で組んでいたとしても、控除を受ける際には構いません。

一方で、支払利息が年利1%未満の融資(無利子のものも含む)の場合、ローン控除の条件を満たさないために住宅ローン控除の適用対象外となります。

その他、低炭素住宅や長期優良住宅であることなど、家そのものにも条件があり、控除が受けられるかが決まります。

どのみちローンを借りるのであれば、条件が満たせなくてローン控除を受けることができなかったというようなことがないように、控除の条件をしっかり調べておきましょう。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »